Twitterの文字数制限が140→280字に:変わっていないのはなぜ?

Twitterは本日(11月8日)より、1ツイートの文字数制限を140文字から280文字に拡大することを発表しました。

いきなり倍増とは思いきったね……。

一方で、日本のTwitterユーザーの皆さんはきっと「変わってなくね?」と思ったことでしょう。ということで、Twitterの文字数制限について簡単に紹介したいと思います。

Twitterの文字数制限が280文字に

Twitterでは今年9月から一部ユーザーを対象に文字数制限を280文字に緩和するテストを行なっており、その結果をみて今回正式に文字数制限を140文字から280文字に変更することを発表しました。

テスト結果をざっくりまとめるとこんな感じです。今までは、英語でのツイートの9%が文字数制限に達していましたが、280文字にすることで1%にまで減少したとのこと。

とはいえ「280文字の投稿ばかりがタイムラインに流れることになると、他の投稿が見辛くなってしまうのでは?」と心配する声も上がっていました。

友だちの愚痴(280文字)がタイムラインを埋め尽くす……。

しかし、実際にテストしたところ全体の95%のツイートはこれまで通り、140字以下だったそうです。ちなみに190文字以上のツイートはわずか2%ということで、それほど大きな影響なないと判断したようです。

Twitterは「文字数制限が緩和したことにより編集の時間をかけずにツイートできるようになった」としています。この変更が、よりTwitterの簡潔さを保つことになると期待されています。

日本はなぜ変わっていないの?

この「文字数制限」に関する話題ですが、そもそも日本はなんの関係もありません。元から日本語・韓国語・中国語は対象外なのです。

なぜ日本語は対象外なのかというと「英語」「フランス語」「イタリア語」などに比べて日本語は少ない文字数でより豊かな表現ができるから。

先ほど、英語ツイートの9%が140文字の制限に達していた、と書きましたが、日本語の場合140文字に達していたのはわずか0.4%だったそうです。

というわけで、日本では今のところ文字数制限緩和の予定はなさそうです。

ちなみに日本語のツイートは15文字くらいが多いらしいよ。

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。