【最新版】バーチャルYouTuberが所属している事務所まとめ

2017年末頃から流行し始めた「バーチャルYouTuber」ですが、最近は事務所に所属し活動している方も増えてきました。

このページでは、バーチャルYouTuberが所属している事務所をいくつか紹介しています。情報提供がありましたら、是非コメントやTwitter(@KnowlJP)までお願いします。

バーチャルYouTuber事務所まとめ

2018年4月時点の、国内にある主なバーチャルYouTuber事務所をまとめてみました。厳密にはYouTuberとは言えないものや、事務所ではないものもありますが、大きくイメージとかけ離れていない限り紹介します。

おそらく漏れがあるので、情報提供大歓迎です。

ENTUM(エンタム)

バーチャルYouTuber専門の事務所ENTUM(エンタム)には、「ミライアカリ」や「猫宮ひなた」など、人気のバーチャルYouTuberが所属しています。

運営元は株式会社DUO(https://duo7.co.jp/)です。

公式サイトでは「『眠れる獅子』募集!」と題し、バーチャルアイドルを募集しています。音声ファイルだけで応募できるようなので、気になる方は是非チェックを。

公式サイト:https://entum.jp/

.LIVE(ドットライブ)

バーチャルYouTuberプロダクション.LIVEには「電脳少女YouTuberシロ」が所属しています。

現状公式サイトが用意されていませんが、Twitterのアカウントで告知が行われています。

恐らく電脳少女YouTuberシロの開発・運用を担当している株式会社APP LAND(アップランド)が立ち上げたプロダクションですので、同社が同じく開発・運用しているばあちゃるも所属しているのかな、と思います。

個人的に好きなチャンネルなので応援しています。

ガチ恋勢じゃないです。

公式サイト:https://twitter.com/dotliveyoutuber

ホロライブ

事務所というと少し語弊があるかもしれません。ホロライブは”カバー株式会社が提供するVTuberの動画・ライブ配信サービス”です。

簡単にいうと、スマホ向けアプリを利用するだけでバーチャルYouTuber体験が出来るサービス。まだまだ実装されている機能は少なく、起動も不安定との声もありますが、今後に期待ですね。

公式サイトには所属タレントとして「ときのそら」「ロボ子さん」が掲載されていましたので、一応事務所として紹介させて頂きました。

公式サイト:https://www.hololive.tv/

にじさんじ

ホロライブと形態が似ているかも。にじさんじは、バーチャルアイドルとしてライブ配信ができるアプリ。

公式サイトには、にじさんじを利用したバーチャルライブ配信を行う「公式バーチャルライバー」として1期生・2期生計18名が紹介されています。

YouTubeだけでなく、様々な配信サービス(OPENREC.tv・SHOWROOMなど)で活動しているため、厳密にはYouTuberではないですが、比較的規模の大きいグループなので紹介しました。

公式サイト:https://www.ichikara.co.jp/official

バーチャライズ

2018年2月に立ち上げられた、世界初のバーチャルYouTuber専門プラットフォームを謳う「バーチャライズ」

公式サイトを見ても、バーチャルに特化したYouTuber事務所というイメージそのまま。

所属タレントや、案件受注・制作のプロセスが紹介されています。他事務所と同様、声優・クリエイターも募集しています。

公式サイト:http://www.virtual-tuber.com/

岩本町芸能社

コミケ期間で1万人フォロワーを集めたらデビュー決定!というチャレンジを2017年夏に行なったものの、400人しか集まらなかった…というニュースを知っている方もいるかもしれません。

そのニュースでおなじみ、「あんたま」らが所属しているのが岩本町芸能社です。

公式サイトにはVRタレントのマネージメントを専門とする世界初の芸能事務所、とあります。

自主制作映画の制作プロジェクトや、グッズ展開など、芸能事務所として精力的に活動している印象。

公式サイト:http://rbc-geino.com/

Wright Flyer Live Entertainment

ゲーム会社として有名な「グリー」が出資し、新会社として立ち上げたのが「Wright Flyer Live Entertainment」です。

TechCrunchの記事を見ると、今後1~2年で100億円規模の投資を行うと発表しています。やば。

今後1〜2年でバーチャルYouTuberの発掘・育成、プロモーション、共同事業化、関連企業への投資などに100億円規模の資金を投入する予定。日本国内だけでなくグローバルで事業を展開する。

今後タレントの発掘・育成を行なっていくとのことです。

CyberV

サイバーエージェントの子会社「CyberZ」が設立した新会社「CyberV」。バーチャルYouTuber事業に特化していくようです。

ちなみにCyberZはOPENREC.tvを運営している会社です。お世話になっている人も多いのでは。

まとめ

バーチャルYouTuberや、その事務所が急増している現状に思うところがある方もいるでしょうが、人が集まるところには遅かれ早かれ確実にお金の動きが発生します。

今後バーチャルYouTuber市場は成長していくでしょう。海外ファンも多いので、そこら辺まだまだ取り込めそうですよね。

ですが、問題も山積みです。僕も含め、多くの視聴者がそれを感じているのではないでしょうか。

実際、このページで紹介した事務所(に所属しているタレント)にも、いわゆる「炎上」経験があるものが含まれています。

偉い人たちには、何とか上手いことやってもらいたいですね。期待してます。

キャラクターに関わる人を「使い捨て」みたいに扱って欲しくないなぁと思っています。

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。