【Apex Legends】調査ビーコンの使い方 使えないのはなぜ?

Apex Legendsには「調査ビーコン」と呼ばれる機械がマップ中に点在しており、使用すると次の安置(マップ範囲)がマップ上に表示されます。

この記事では調査ビーコンの使い方と使えない場合の原因を解説しています。

調査ビーコンの使い方

次の安置が分かる

調査ビーコンを使うと、次の安置(マップの範囲)がマップに緑色で表示されます。他の部隊よりも素早く有利な位置へ移動できるため、とても便利な機械です。使い方は簡単。

1 パスファインダーを選択する

記事作成時点で、調査ビーコンを使えるのは「パスファインダー」のみです。調査ビーコンを使用したい場合はパスファインダーを選択しましょう。

※ブラットハウンドとクリプトが調査ビーコンを使えるようになる…?との噂もあったりします。

調査ビーコンが使えないのは?

調査ビーコンが使えない理由のほとんどは「パスファインダーを選択していない」ためだと思われます。パスファインダー以外のレジェンドで調査ビーコンの前に立ってもボタンは表示されず、起動することはできません。

2 調査ビーコンを探す

調査ビーコンの場所

部隊に調査ビーコンが使えるレジェンド(パスファインダー)がいる場合、マップに調査ビーコンの場所が表示されます。キングスキャニオンの場合は赤丸の部分に調査ビーコンがあります。

3 ホールドで調査ビーコンを使用

調査ビーコンの前についたら、画面に表示されているボタン(PS4の場合は四角ボタン)を長押しして調査ビーコンを起動しましょう。

調査ビーコンを起動する

少し時間がかかるので、敵がいないかよく確認してから調査ビーコンを起動するようにしましょう。この辺りはチャージタワーと同じですね。

【Apex Legends】意外と知らないチャージタワーの使い方

次の安置は調査ビーコンの他に「マップルーム」という場所でも確認できます。マップルームでは敵の位置も(一瞬ですが)分かるので、戦略を練る上で重要な拠点となっています。

Apex Legends向けおすすめヘッドセット5選 予算別・プロ愛用モデルも紹介
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。