Amazonの「置き配」指定とは?やり方から出来ない場合の原因、対象エリアなど

ここ最近、Amazonを利用していて「置き配」という言葉を見る機会が増えている気がします。

配送業者の負担を減らす意味でも、ぜひ活用していきたいAmazonの置き配指定。このページでは置き配のやり方から指定できない場合の原因、配送業者による違いなどを解説しています。

Amazonの「置き配」指定とは?

「置き配」指定とは、Amazonで注文した荷物を指定した場所に置いてくれる(届けてくれる)システムです。

不在時でも勝手に置いていってくれるので、再配達の手間が省けるのがメリット。

在宅時でも、インターホンを鳴らさずに置いてくれるので、時間がある時に取りに行くことができます。

さらに、希望者には配達した荷物を写真で確認できるサービスも。どこに、どのように置いてあるかが一目で分かります。

手が離せない時に配達が来ちゃった…という経験をしたことがある方も多いはず。

荷物を置いてもらえる場所

置き配指定では、家のどの場所に荷物を置いてもらうかを指定できます。

  • 宅配ボックス
  • 玄関
  • ガスメーターボックス
  • 車庫
  • 自転車のかご
  • 建物内受付/管理人(に渡す)

が選択肢として用意されていました。セキュリティ面や天候、時間などと相談して指定しましょう。

置き配指定のやり方

アマゾンの置き配について|Amazon.co.jp

置き配指定のやり方は簡単で、様々なタイミングで設定・変更できます。置き配指定が出来るのは以下のタイミング。

  • 注文確定画面
  • 注文内容確認画面
  • 配達通知
  • 配送状況確認画面

各タイミングによって若干異なりますが、基本的には以下の操作で設定可能です。

置き配指定置き場所を指定保存で完了。

「配送指示をご提供いただき、ありがとうございました」という内容のメッセージが表示されればOKです。

注文確定画面で設定する

注文する時点で、置き配指定をすることが出来ます。

購入した商品が置き配指定可能なものの場合、お届け先住所の下の部分に「置き配指定」という項目が表示されるので、その部分から設定可能です。

注文内容確認画面

注文後、注文内容を確認する画面からも置き配指定が可能。

ただし、公式ページによると現在はPCおよびタブレット端末からしか設定できないとのこと。

配達通知から

Amazonで商品を購入すると、商品が発送されたことをメールやプッシュ通知でお知らせしてくれます。

そのメール画面や通知配送状況確認画面置き配指定が可能です。

配送状況確認画面

商品が発送された後、配送状況を確認するページで配達直前まで置き配指定ができるとのこと。

置き配指定が出来る対象エリア

対象エリアはこちらのページから確認できます。

アマゾンの置き配について | Amazon.co.jp

記事作成時点(2019年6月)では

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 愛知県
  • 静岡県
  • 大阪府
  • 福岡県

の一部地域で利用できるようです。ただ、記載のあった地域でも利用できない場合もあるそうなので注意。

余談ですが、ページに記載のないエリアでも置き配指定が出来ました。少しづつ対象エリアが拡大しているようです。

置き配指定が出来ない場合の原因

Amazonの置き配指定が利用できない場合に考えられる原因を紹介します。

対象エリアかどうか確認する

上記でも説明したように、現在置き配指定は一部の対象エリアでしか利用できません。

サービス対象エリアは拡大中とのことなので、対象外のエリアにお住いの方はたまにでもチェックしてみて下さい。

配送業者を確認する

現在置き配指定は一部のデリバリープロバイダが配達する荷物のみ利用可能。

こちらのページの(注3)の部分にも、一部のデリバリープロバイダの場合、置き配指定ができるとの記載があるので、現状ヤマト運輸や佐川急便といった大手配送業者には対応していないようです。

商品の発送者を確認する

購入した商品が「Amazon.co.jpが発送」しているものでない場合、置き配指定は出来ません。

郵便ポストに投函可能な梱包の場合

ヘルプページによると「郵便ポストに投函可能な梱包で発送された商品」は置き配指定を利用できないようです。

ポストに入れておくよ、ということでしょう。

まとめ

上手に活用すれば消費者にとっても配送業者にとってもメリットが大きい「置き配指定」。

最近は宅配ボックスの暗証番号もメールで連絡してくれる(こともある)ため、かなり便利になっています。

  • よく再配達の連絡をしている
  • 宅配ボックスを利用できる
  • 日中はほとんど家に居ない

といった方は設定しておくと良いかもしれません。

0
Tara

正しい知識をシンプルに・スピーディーに・多くの人へ届けることを目的に「knowl」というWebサイトを運営している大学生です。