【インスタグラム】緑の丸マークを消してオンラインかどうかバレないようにする方法

インスタグラムには「今オンラインかどうかバレる機能」があり、オンラインだとユーザーアイコンの右下に緑色の丸マーク()が表示されます。

自分がオンラインかどうか知られたくない場合は、設定からこの機能をオフにすることができます。また「この人だけには知られたくない」など、ユーザーごとに個別に対応することもできます。

このページではインスタグラムで緑色の丸マークを非表示にして、オンラインであることを隠す方法を解説します。

緑色の丸マークが表示される場所

緑色の丸マーク

DM(ダイレクトメッセージ)の画面や、ストーリーをシェアする画面などで、ユーザーのアイコン画像の右下に緑色の丸マークが付いていることがあります。

この緑丸マークは「このユーザーはインスタグラムを今まさに使っているよ or 直前まで使っていたよ」という意味です。

そのユーザーがオンラインの場合に表示されるマークですが、直前まで使っていた場合にも表示されます。ほぼ正確に相手のオンライン状況を把握できる、と考えてよいでしょう。

緑丸が表示されていない場合は「〇〇時間前」「昨日」など、相手がいつインスタグラムを使っていたか分かるようになっています。

インスタグラムでオンライン状況(緑色の丸マーク)を隠す方法

オンラインかどうかは設定から隠すことができます。オンライン状況を完全に隠したい場合は1のやり方を、ある特定のユーザーにだけバレなければよい場合は2のやり方をお試し下さい。

  1. 全てのユーザーからバレないようにする
  2. 特定のユーザーにだけバレないようにする(ブロック不要)

全てのユーザーからバレないようにする

  1. 設定画面を開く
  2. プライバシー設定を開く
  3. アクティビティのステータスを表示オフにする

設定画面を開く

まずはメニューバーから設定画面を開きます。

プライバシー設定からアクティビティのステータスを開く

プライバシー設定からアクティビティのステータスへと進みます。

アクティビティのステータスを表示をオフにする

アクティビティのステータスを表示という項目をオフにすると、自分のオンライン状況を知られることは無くなります。

ただし、他の人のオンライン状況も見ることができなくなり、緑色の丸マークは表示されなくなります。

特定のユーザーにだけバレないようにする

特定のユーザーにだけバレたくばい場合は、そのユーザーのプロフィール画面からユーザーを「制限」しましょう。

  1. バレたくない相手のプロフィール画面を開く
  2. フォロー中を選択
  3. 制限するを選択
  4. アカウントを制限するを選択

ユーザーを制限する

相手のプロフィールを開いて、フォロー中ボタン→制限するアカウントを制限すると進みましょう。

アカウントを制限すると、オンライン状況を隠せるほかに、DMを既読をつけずに読むこともできます。

関連 【インスタグラム】DMを既読をつけずに読む方法 3選


他の人のオンライン状況を知ることができる便利な機能ですが、その一方でどこか「監視されている」「居心地が悪い」と感じる方もいるでしょう。

まだ設定していない方は一度チェックしてみては。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。