Skypeの既読機能をオン/オフにする設定方法

気軽に音声通話などが楽しめる「Skype(スカイプ)」ですが、実は既読機能があることをご存知ですか?

長い間なかったけど、最近追加されました。

このページではSkypeの既読機能をオン/オフにする設定方法を解説しています。メッセージと読んだことが相手にバレたくない、という場合はオフにしておきましょう。

Skypeに既読機能が実装された

公式サイトでも紹介があるように、Skypeにも既読機能(正確には「開封確認」)が実装されました。

多くの方が利用しているLINEの場合は、小さく「既読」と表示されますが、Skypeの場合は小さく読んだユーザーのアイコンが表示される仕組みになっています。

Skypeの既読機能をオン/オフにする方法

LINEとの大きな違いとして、Skypeは既読機能を「オフ」にすることが出来ます。

まずは自分のアイコン→右上の設定アイコンをタップして、設定画面を開きます。

続けて設定画面にあるメッセージングという項目をタップ。

この中にある開封確認がSkypeの既読機能にあたるものです。お好みでオン・オフを設定しておきましょう。

20人以上の大規模グループでは使えない

この機能は「20人未満の人とチャット」した際に既読(アイコン)が表示されるというもの。

20人以上のグループ内でのチャットの場合は、オンにしていても既読機能は使えないので注意しましょう。

まとめ

  • Skypeの既読機能(開封確認)は「オフ」にできる
  • 既読の際は右下に小さくアイコンが表示される
  • 20人以上のグループでは使えない

「既読」系の機能が苦手だ、という方もいるはず。便利な機能ではありますが、自分のスタイルに合わせて設定できるのは良いですね。

Skypeのヘルプページにも使い方が紹介されているので、合わせてご確認ください。

参考 Skypeヘルプ

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。