噂の画質を良くするアプリ「Remini」の使い方 ざっくりガイド

「画質が良くなるアプリ」としてネット上で注目を集めている「Remini」というアプリを使って、実際に画像を加工してみました。

このページではReminiの使い方をざっくりと解説しています。

画質を良くするアプリ「Remini」の使い方

今回は以下の画像にぼかし加工を行い、画質がどれだけ改善するかを検証してみました。


Reminiの使い方:初期設定

まずはアプリをダウンロードします。

Remini - photo enhancer

Remini – photo enhancer

Beijing Dagong Technology Company Limited.無料posted withアプリーチ

Reminiの紹介画面

インストールしてアプリを起動すると、Reminiの紹介画面が表示されます。右上のSkipボタンでスキップすることも可能です。

始める際にTrial(お試し)かSign in(サインイン)かを選択します。まずはTrialで良いでしょう。

写真へのアクセス

ボタンをタップして進めていくと、写真・アルバムへのアクセスを求められます。許可しないとReminiを利用することができません。

許可すると、写真の選択画面となります。加工したい画像(画質の悪い画像)を選択しましょう。

メニュー画面から加工する

2度目以降、メニュー画面から画像を加工する場合はEnhanceをタップしましょう。

Reminiの使い方:画質を良くする加工のやり方

画像を選んで待つ

画質の悪い画像を選んだら、画面下のチェックボタンをタップします。すると「Creating task…」と表示され、処理が開始されます。

Still processing

しばらくすると「Still processing…」というメッセージが表示されることがあります。このまま待ち続けたい場合はWait hereを、あとで履歴(History)画面から確認する場合はCheck History laterを選択しましょう。

ただ、処理自体は20秒ほどで終わる(ことが多い)ため、Wait hereをタップして数秒すると加工後の画像が表示されることが多かったです。

Reminiの使い方:画像を編集・保存する

画質が良くなる

処理が終わったら、上のような画面が表示されます。中央のバーを左右に動かすことで、加工前・後を切り替えることができます。

画質が悪い画像と画質が良い画像

加工前・後を比較するとこんな感じ。かなりキレイ目に仕上がっている印象です。

加工前の画像

元画像はこんな感じでした。

比較モードにする

右から2番目のボタンをタップしてComparedを選択すると、加工前・後を右下のボタンで切り替えられるようになります。

切り替えるには右下のボタンを長押ししましょう。

画像を保存する

画像は右上のダウンロードボタンをタップして保存可能です。

比較モードの場合

Comparedモードだと、上下に加工前・後の画像が表示された状態で保存することができます。

Reminiが使えない?注意点まとめ

Reminiを実際に使ってみて感じた注意点を紹介します。

日本語に対応していない

2020年2月現在、Reminiは日本語に対応していません。といっても、それほど難解な文章が表示されるわけではないため、さほど問題はないかと思います。

よく表示される

“Remini needs notification permission”

は通知の許可に関するメッセージです。

無料(Trial)だと機能が十分でない?

Trialを選択したところ、加工できる画像の数に限りがあるようでした。

メニューのEnhanceボタンに「残り回数」が表示されます。

1日に何枚も加工したい、という場合は少々面倒かもしれません。

Pro card

有料プランとして「Pro card」というアイテムを購入することができます。Pro cardを使うと、加工後の結果が複数表示されるほか、待ち時間がなくなるようです。

無料・Trialでも十分楽しめますし、SNSでシェアする「一発ネタアプリ」として使いたい場合は購入する必要はないと思います。


関連 TVでも話題「そっくりさん(AI診断)」の使い方 ざっくりガイド

0