iPhone(アプリ)を1日に使っている時間を調べる方法

iOS12より「1日にどれくらい端末(iPhoneなど)を触っているか」が分かりやすくチェックできる機能「スクリーンタイム」が導入されました。

スクリーンタイムでは

  • 1日にどれくらいスマホ・タブレットを使っているか
  • どのアプリをどれくらい使っているか
  • どの時間帯に多く使っているか

といったことが簡単にチェックできます。

このページではiOSの機能「スクリーンタイム」を使ってiPhoneなどの端末をどれくらい使っているか確認する方法を解説しています。

iPhoneを使っている時間を調べる方法

iPhoneを使っている時間を調べることができる「スクリーンタイム」は設定アプリから利用できます。

設定スクリーンタイムをタップしましょう。

スクリーンタイムを開くと「今日の使用時間」が表示されます。

画面上の〇〇のiPhone(端末名)という部分をタップすると、さらに詳しいデータを見ることができます。

アプリ毎のデータも確認できる

よく使われたものという部分からデータをチェックしたいアプリをタップすると、アプリ毎の詳細データを確認できます。

アプリを

  • いつ
  • どれくらい

起動・利用したかが一目で分かります。

どの時間帯に使っているか確認してみると、何か面白い発見があるかも。

持ち上げ・通知のタイミングもチェックできる

画面を下にスクロールすると「いつ端末を持ち上げた(利用した)か」「通知がどの時間帯にどれくらい来たか」などが確認できます。

また、画面上の過去7日タブをタップすれば、直近7日(1週間)のデータをまとめてチェックできます。

使いすぎていないかチェックしよう。

まとめ

自分が「いつ」「どれくらい」スマホ(タブレット)を利用しているか一度チェックし、時間の使い方を見直してみると良いかもしれません。

iOS端末の「おやすみモード」機能を活用するのも悪くないね。

関連 【iPhone】おやすみモードを使う時間を設定・変更する方法

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。