【LINE】Keepメモって何?自分しか見れないトークルームの使い方

先日のアップデートで「Keepメモ」というトークルームが突如として追加され、驚いた方も多いのではないでしょうか。

Keepメモはその名の通り、LINEをメモ的に使える便利な機能です。この記事ではKeepメモの使い方をざっくりと解説しています。

ざっくり解説
  • Keepメモは「自分にしか見えない、自分専用のトークルーム」
  • LINEをメモ代わりに使いたいときに便利
  • Keepメモのトークルームに送信したメッセージは、 Keepで確認できる
  • トークルームは非表示にできる

keepメモって何?

Keepメモ

トークルームに追加された「Keepメモ」は、2020年7月のアップデートで実装されたLINEの新機能です。

Keepメモのトークルーム

Keepメモのトークルームには、以下のような説明文が。

あなただけが見ることができるトークルームです。メモ代わりに、テキストや写真、動画、リンクなどを送信してみましょう。

Keepメモはいわば「自分しか見れない、自分専用のトークルーム」です。

これまでLINEをメモ代わりに利用するときは、メンバーが自分一人だけのグループを作成するのが定番でした。これからはKeepメモを使えばOKです。

Keepメモにメモ書き

テキストだけでなく、写真や動画なども送信できます。普通のトークルーム感覚ですが、中身は自分しか見ることができないので安心です。

Keepメモの内容をKeepで確認・削除する

Keepメモ(トークルーム)に送信した内容は、Keepで確認することができます。

Keepを選択する

自分の名前の右側にあるKeepボタンをタップしましょう。

Keepに内容が反映されている

トークルームに送信した内容が、そのままKeepに保存されます。テキスト(文章)のほか、写真や動画、リンクなどもKeepで確認することができます。

ピン留め

特に大切なものは ピン留めしておくと良いでしょう。

Keepから削除する

Keepから削除したい場合は 削除削除でOKです。ただし、元に戻すことはできないので、十分注意しましょう。

Keepメモのトークルーム自体を消したい場合

Keepメモを非表示にする

Keepメモのトークルームを使わない・邪魔だと感じる場合は非表示にしておきましょう。トークルームを左にスライドすると非表示ボタンが表示されるので、タップすればOKです。

非表示にしてもこれまでに送信したトークの内容は消えませんし、トークルームを復活させることも可能です。詳しくは【LINE】一度非表示にしたトークルームを復活(再度表示)させる方法で解説しています。

【LINE】一度非表示にしたトークルームを復活(再度表示)させる方法

Keepメモが使えない場合

Keepメモが使えない場合は、LINEのバージョンを確かめてみて下さい。

【LINE】自分が現在使っているバージョンを確認する方法【スマホ/PC】

Keepメモが使えるのはiOS 10.11.0/Android 10.11.0/デスクトップ 6.1.0以降です。古いバージョンを使っている場合はアップデートが必要になります。

【LINE】トーク画面の背景を変更する方法 相手にバレるか・注意点も解説
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。