【Twitter】エゴサーチの際に名前が被るユーザーを非表示にする方法

Twitterでエゴサーチ等をする際に、エゴサ対象と名前が被っているユーザーが検索結果に表示されて「邪魔だ」と感じることがあります。

そんな時は、名前が被っているユーザーを非表示にすると良いでしょう。

エゴサで名前の被るユーザーを非表示にする方法

Twitterでエゴサーチをする際に、名前が被るユーザーによる投稿が表示されてしまうことがあります。

対策としては

  1. 名前が被っているユーザーをミュートする おすすめ
  2. 名前が被っているユーザーをブロックする
  3. 検索フィルターを利用する

などが挙げられます。最も手軽なのは1番の「ミュートする」ことでしょう。以下、エゴサーチの際にユーザーをミュートする手順を紹介します。

エゴサーチ時にユーザーをミュートする方法

ここでは

での手順を紹介します。どちらも手順に大差はありません。

  1. 投稿の右上にある下向きのアイコンを選択
  2. @○○さんをミュートするを選択

エゴサーチ時にユーザーをミュートする(アプリ版)

ユーザーをミュートする

検索結果に表示された投稿の中から、エゴサ対象と名前が被っているユーザーの投稿の右上に表示されているアイコン(下向きのアイコン)をタップします。

すると

@〇〇さんをフォロー
@〇〇さんをミュート
@〇〇さんをブロック
ツイートを報告する

といったメニューが表示されるので、ミュートを選びましょう。

ミュートしました

画面下に「〇〇さんをミュートしました」と表示されたらOKです。

エゴサーチ時にユーザーをミュートする(PC版)

ブラウザ(PC版)の場合も、操作手順はほとんど変わりません。

下向きのアイコンを選択する

エゴサ対象と名前が被っているユーザーの投稿の右上に表示されているアイコン(下向きのアイコン)を選択します。

ミュートする

@〇〇さんをミュートするを選択。

ミュートしました

「ミュートしました。」というメッセージが表示されたらOKです。


快適なエゴサーチライフの助けとなれば幸いです。

0