インスタグラムでDMのメッセージ送信を取り消す方法─相手からはバレるのか

インスタグラムのDM(ダイレクトメール)で送ったメッセージを取り消す方法を解説します。また、相手からはどのように見えるのか・バレるのか?という点についても紹介します。

インスタグラム:DMで送信を取り消すには?

DMで一度送ったメッセージを取り消す方法は以下の通りです。

  1. メッセージを長押しする
  2. 送信を取り消しをタップする

Android版はこちらから。

メッセージを長押しする

まずは消したいメッセージそのもの(画像の赤枠部分)をタップします。

送信を取り消しを選択

すると送信を取り消しというボタンが表示されるので、タップしましょう。

メッセージの送信を取り消しますか?

メッセージの送信を取り消しますか?との確認画面が表示されるので、送信を取り消しを選択すればOKです。

確認画面にもあるように、削除が遅れれば遅れるほど相手がメッセージを見た可能性は高くなると考えましょう。

Android版の場合

Android版の場合

Android版の場合も操作は変わりません。メッセージを長押し→メッセージの送信を取り消し送信を取り消しと進めばOKです。

DMでメッセージを取り消すと相手にバレるのか

メッセージを取り消しても、相手にメッセージを送ったことやその内容がバレる可能性があります。

  1. 全くバレない場合
  2. メッセージを送った・取り消したことはバレるが、内容はバレない場合
  3. メッセージを取り消したことも、その内容もバレる場合

具体的には以上の3パターンが挙げられます。

1. 全くバレない場合

相手がインスタグラムの通知をオンにしていない かつ メッセージを取り消す前にDM画面を開いていない場合、相手はメッセージの存在そのものに気づかない可能性が高いでしょう。

2. 取り消したことはバレるが内容はバレない場合

相手がインスタグラムの通知をオンにしている かつ メッセージを取り消す前にDM画面を開いていない場合、相手はメッセージが送られてきたことには気付くものの、内容を確認することができません。

通知が変化する
▲取り消し前(左画像)では「おはよう」と内容が表示されている

メッセージを取り消すと、通知が上画像のように変化します。取り消し後は

送信者が送信を取り消したため、このメッセージは表示できなくなりました。

という通知だけが残るため、内容を知られることはありません。

3. 内容も含め全てバレる場合

相手がメッセージを取り消す前にDM画面を見た場合は、当然ながら内容含め「全てバレる」ことになります。メッセージを取り消したい場合は早めに行動することが大切です。

画像やスタンプも取り消すことができる

画像やスタンプも取り消すことができる

筆者が検証したところ、画像やスタンプ・URL(リンク)についても 長押し→送信を取り消しをタップ で取り消すことができました。

0