インスタグラムで自分がタグ付けされた投稿を消す・非表示にする方法

インスタグラムで自分がタグ付けされた投稿を消す・非表示にする方法を解説します。他の人にあまり見られたくない場合や、スパムアカウントからタグ付けされた場合は消す・非表示にするといった対応をおすすめします。

また、合わせて画像を投稿した相手からはどういった風に見えるのか(バレるのか?)という点についても解説します。参考になれば幸いです。

自分がタグ付けされた投稿を消す・非表示にする

タグ付けされた投稿を消す・非表示にする

インスタグラムでは「あなたが写っている写真と動画」という部分に自分がタグ付けされてる投稿が表示されます。ここに表示したくない投稿は、自分で非表示にすることが出来ます。

非表示にしても相手の投稿が消えることはありませんが、相手にバレる可能性はあります。詳しくは後述します。

タグ付けされた投稿を消す・非表示にする方法は以下の通りです。

  1. タグ付けされた投稿を選択
  2. 編集編集へと進む
  3. 投稿を選んで 非表示にする or 削除を選択

順番に解説していきます。

1. タグ付けされた投稿を選択する

タグ付けされた投稿を選択する

まずは自分のプロフィールページから、タグ付けされた投稿を選択します。この時点ではどの投稿を選んでもOKです。

2. 右上の編集→編集へと進む

編集→編集へと進む

右上の編集→「タグ付けされた投稿」の横にある編集へと進みます。

3. 消したい投稿を選択して「非表示」or「削除」

プロフィールページから消したい・非表示にしたい投稿を選んで非表示にする削除を選択します。それぞれの違いは以下の通りです。

  • 非表示にするを選べば、相手の投稿からタグが消えることはありません。
  • 削除を選ぶと、相手の投稿からあなたのタグが消えます。
  • どちらを選んでもあなたのプロフィールページから投稿は消え、見られることは無くなります。

タグ付けされた投稿を非表示にする
▲非表示にする場合は非表示にするプロフィールに表示しない

タグ付けされた投稿を削除する
▲タグを削除したい場合は削除自分のタグを削除

基本的には非表示にするで問題ないと思いますが、スパムアカウントからのタグ付けと思われる場合は削除にした方が良いでしょう。

タグ付けされた投稿を消すと相手に通知が行く?バレる?

タグ付けされた投稿を非表示にしたり、削除したりしても相手に通知が行くことはありません

ただし、バレる可能性が無いわけではありません

  • 削除を選んだ場合、相手の投稿から自分のタグが消えます。その事に相手が気づく可能性はあるでしょう。
  • 非表示にするを選んだ場合はタグは消えませんが、どちらを選んだにせよ、相手があなたのプロフィールページを見て「タグ付けされた投稿が消えている」と気づく可能性はあります。

プロフィールの「あなたが写っている写真と動画」一覧から消す訳なので、相手が消えている事に気付く可能性は0ではありません。

知り合いからのタグ付け投稿を非表示にする際は、トラブルを避けるためにも、一言断りを入れておいた方が良いかも。

関連 インスタグラムでDMのメッセージ送信を取り消す方法─相手からはバレるのか

タグ付けを「承認制」にすることも出来る

そもそも、自分のタグを付けた投稿を「手動で承認」制に切り替えることで、不本意な投稿がプロフィールに表示されることを防ぐことも可能です。

やり方や注意点については以下の記事で解説しています。

関連 インスタグラムで自分へのタグ付けを承認制にする方法

0