動画アプリ「Tik Tok」のログイン方法は?運営元・危険性について

YouTube等で広告がよく出ている「Tik Tok」というアプリのログイン方法を解説します。

Tik Tokはショートムービーの共有ができるSNSアプリ、みたいだね……。

アプリのインストールは問題なく行えますが、動画の閲覧や投稿など実際に利用するにはユーザー登録をする必要があります。

「よく分からないアプリにいきなりログイン、というのも不安……」という方もいるでしょうし、その辺りについてもざっくり紹介したいと思います。

Tik Tokってどんなアプリ?

ストアの説明文によると、Tik Tokは「若者を中心にするショートビデオコミュニティ」とのこと。YouTubeの広告によく出てくるので、存在は知ってる、という方は多いと思います。

あの広告、なんか印象に残るよね。

運営元について調べてみたのですが、どうやら「Byte Dance」という中国の企業が関係しているようです。この「Byte Dance」、6億人以上の利用者がいるニュースアプリを運営しているなど、現在力を伸ばしている企業みたい。

危険かどうかについてですが、正直「100%安全!」と言い切ることはできません(どのアプリもそうですが)。ただ、広告の影響もあって日本でもすでに多くの人がアプリを利用しているようですね。

これはTik Tokのみならず、どのアプリを利用するときにも心がけるべきことですが、自分である程度「このアプリ・サービスの運営元は信頼できるか」「この情報を渡していいのか」判断するようにしましょう。

Tik Tokにログイン・登録する方法

それではTik Tokにログインする方法を解説していきます。

まずはアプリをインストール。今回はApp Storeでの例を紹介していますが、Playストアでも特に変わりません。「Tik Tok」と検索すれば表示されると思います。

アプリを起動するとお決まりの「通知を送信します」メッセージが表示されます。

ぼくはいつも「許可しない」を選ぶ派。

こちらがTik Tokのメイン画面。利用するにはログインする必要があるので、画面下の「メッセージ」「マイページ」などの項目をどこでもいいのでタップします。

すると「今すぐ登録する」という画面になります。Instagramのアイコンの右側にある矢印をタップすると、隣にFacebookなどのアイコンも表示されます。

現時点でTik Tokにログインするには他のSNS・サービスでログインする必要があるようです。

ここがちょっと怖いところ。出来れば普段使わない、サブアカウント的なものを用意するといいと思うよ。

ログインに使えるサービスは全部で6種類。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • カカオトーク
  • Google

おそらくLINE・Twitter・Instagramでログインする方が多いかと思いますが、ちょっと様子を見たい方はTwitter・Googleで適当なアカウントを作るといいでしょう。

認証を終えるとマイページにアクセスできるようになります。

その前に「位置情報へのアクセスを許可しますか?」というメッセージが表示されます。許可することで自分の住んでいる都市がマイページに表示されるとのことですが、とりあえずは「暫く(しばらく)しない」でいいのでは、と思います。

マイページからはプロフィールの登録・変更の他、投稿したショートムービーの確認ができます。この辺はまた別の記事で紹介しますね。

近年急速に人気が広がって来ている「ライブ配信系」アプリ。Tik Tok以外にも色々あるので、当サイトでもどんどん紹介できればと思います。

追記1:読者の方から「パスワードを教えてください」といった類のお問い合わせを頂くことがあります。申し訳ありませんが、読者の方のパスワードは私には分かりませんので、パスワードの再設定を試してみてください。

追記2:「Tik Tok」プロフィールの設定方法について解説しました。是非お役立てください。

「Tik Tok」日本でもどんどん流行っていくのか、注目ですな。

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。