Twitterに「ブックマーク」機能が追加予定:使い方を解説

Twitterに新しく「あとで読む(Save for Later)」機能が追加されることが分かりました。正式なリリース日はまだ明らかになっていませんが、近日中に一部ユーザーを対象としたテストが行われる見込みです。

いつ追加されるかはまだ分からないけど、もうすでに開発が始まっているっぽいよ。

このページでは、Twitterのあとで読む(ブックマーク)機能の使い方について解説しています。参考になれば幸いです。

Twitterのブックマーク機能とは?

Twitterのプロダクトマネージャーが、新機能として「あとで読む(Save for Later)」機能を開発中であると明かしました。この機能は多くのTwitterユーザー、特に日本人ユーザーから要望があったということです。

今までは、あとで読み返したいツイートを「いいね」しておくなどして保存していた方が多いと思いますが、他のツイートと混ざって読み返しにくかったかもしれません。

この「あとで読む」機能が追加されることで、そういったことが無くなるのではないかと期待されますね。

現在Twitter上で新機能のデモが公開されていますので、それを元に使い方を紹介します。

 ブックマーク機能の使い方

使い方についてはまだ開発途中のため、今後変更される場合があります。

まずは保存したいツイートの右下にあるメニューボタンを選択します。そうすると、画面下に
Add to Bookmarks(日本語版だと「ブックマークに追加」などとなる可能性が高い)と表示されるので選択。

これで完了です。保存したツイートを見返したくなった時は、メニュー画面の「Bookmarks(ブックマーク)」から確認できるようです。

Twitterがますます便利になりそうな新機能ですね。Twitterでは現在この機能についての意見を募集してるので、何か伝えたいことがある方はハッシュタグ「#SaveForLater」をつけてツイートしてみましょう。

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。