【Twitter】このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています、の意味とは?

Twitterのリプライ(返信)に「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています。」(Learn more)というメッセージが表示され、内容が確認できないことがあります。

このメッセージを見た限りでは

  • ブロックミュート等をされてしまったのか?
  • 自分だけ見れない?

などと、マイナスなイメージを持ってしまう方もいるでしょう。

このページでは「このアカウントの所有者は〜」というメッセージが表示された場合の意味(原因)を解説しています。

「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」とは?

このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています

ツイートへのリプライ(返信)でよく見かける「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています。」というメッセージ。

このメッセージは「表示制限のあるツイート」を示しており、ズバリ、以下のような条件の際に表示されます。

  1. フォローしていないアカウントの「非公開ツイート」
  2. アカウントからブロックされている
  3. ツイートがすでに削除されている
  4. アカウントがすでに削除されている

順番に解説します。

フォローしていないアカウントの「非公開ツイート」

自分がフォローしていないアカウントによる非公開ツイートの場合「このアカウントの所有者は〜」と表示されます。

フクロウ博士

鍵垢(非公開アカウント)からの投稿だから見れない、というわけです。

アカウントからブロックされている

相手のアカウントからブロックされている場合はツイートを見ることが出来ません。

ツイートが削除されている

投稿したアカウントがツイートを削除した場合も「このアカウントの所有者は〜」と表示され、内容を確認できません。

アカウントがすでに削除されている

投稿したアカウント自体がすでに削除され、存在しない場合も考えられます。

原因を特定することが難しい

その他の原因も含め「このツイートは表示できません」というメッセージが表示されていた頃と比較すると、原因は絞り込みやすくなっています。

しかしながら、単に「このアカウントの所有者は〜」と表示されても、細かい原因を特定することは難しいのが現状です。

フクロウ博士

単に鍵垢からの投稿かもしれないし、ブロックされているかもしれない。

別のアカウントからチェックしてみる

一つの解決策として、別のTwitterアカウントから該当リプライをチェックしてみて下さい。

別アカウントからは確認可:ブロックされている(可能性が高い)
別アカウントでも確認不可:鍵垢 or 削除済み

別のアカウントでもブロックされている、という可能性もありますが、以上のように原因をある程度絞り込めるでしょう。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。