Twitterリプライの「このツイートは表示できません」とは?多い原因や嫌がらせについて

ここ最近、Twitterを利用していて「このツイートは表示できません」というメッセージをよく見かけるようになりました。

自分のツイートのリプライ欄(リプ欄)に多く表示されていると、「ブロックされているのでは」「嫌がらせ?」などと心配になってしまう方もいるかもしれません。

このページでは「このツイートは表示できません」というメッセージが表示される原因について紹介します。

「このツイートは表示できません」とは?

Twitterのリプライ欄で見かけることが多い「このツイートは表示できません」というメッセージ。

灰色の背景で表示されます。

これは文字通り、様々な理由で自分が該当ツイートを確認できない、ということを表しています。

ツイートを表示できない(=見れない)原因はいくつか考えられます。一つずつ確認していきましょう。

鍵垢(非公開アカウント)のため表示できない

1番多い原因がこれ。ツイート主が鍵垢(非公開アカウント)のため、ツイート内容を確認することができない、というものです。

鍵垢のツイート内容は、フォロー許可をされたユーザーしか確認することができません。従って、自分がフォロー許可されていない鍵垢からのツイート(リプライ)は「このツイートは表示できません」と表示されます。

左画像のようにフォロー許可されていない鍵垢からのリプライは見ることができません。ただし、フォロー許可されていれば鍵垢からのリプライでも見ることができます。(右画像)

鍵垢(アカウント名)を調べる・特定するには?

では、リプライを送った鍵垢を特定することは出来るのでしょうか。ざっくり言うと、できる場合とできない場合があります。

1)アカウント名を特定できる場合

  • リプライを送った鍵垢が、他のユーザーと会話している
  • なおかつ、会話相手のユーザーが鍵垢でない or フォロー許可された鍵垢である

この場合は、会話相手のツイートの送信先(@〇〇の部分)からアカウント名を確認することができます。

2)アカウント名を特定できない場合

  • 一方的なリプライの(会話をしていない)場合
  • 鍵垢同士で会話している場合

この場合はアカウント名を特定できません。

有名人のツイートや拡散されている(=バズっている)ツイートにはしばしば一方的なリプライがつくもの。このような場合は誰がどんなツイートをしているのか分かりません

ツイートがすでに消されている(=ツイ消し)

ツイートがすでに消されている、いわゆる「ツイ消し」状態の場合にも「このツイートは表示できません」と表示されます。

リプを送ったユーザーに「ブロック」されている

ブロックされているユーザーからのリプライやツイートも「このツイートは表示できません」というメッセージが表示されます。

有名人やバズったツイートのリプ欄にある「このツイートは表示できません」の場合は、ブロックが原因である可能性は低い(=関わりのないユーザーからのリプが多いため)でしょう。

ただし、自分や周りの友人等へのリプライが見れない場合は、ブロックされている可能性が無いとはいえません。

ブロックが原因の場合は、ブロックされていないアカウントからなら確認することができるということ。

別のアカウント、もしくはログインせずにブラウザ版(SafariやGoogle Chromeなど)でツイートの送り主をチェックしてみましょう。

それでも確認できない場合は鍵垢からのリプライ・ツイートである可能性が高い、ということになります。

自分に原因がある(ブロックやミュートなど)場合

「このツイートは表示できません」というメッセージが表示される原因が自分自身にある場合も。

自分がブロックしていたり、ミュート中のアカウントや該当ツイートはこちらから見ることはできません。

この場合は一度設定画面でブロック・ミュートを解除してみて、ツイートが表示されるかどうか確認することで判別可能。

ただし、ブロック・ミュートしているユーザーからのツイート・リプライが自分にとって気持ちの良いものである可能性は高くないでしょうし、あくまで自己判断で。

ブロック・ミュート状況を確認する方法

自分がどのアカウントをブロック・ミュートしているかを確認する方法は以下の通り。

設定とプライバシープライバシーとセキュリティミュート中・ブロックしたアカウント

ミュートには「アカウント毎」「キーワード毎」の2種類があります。ミュート機能を利用している方は一度チェックしておくと良いでしょう。

Twitterルールに違反するユーザーのツイートの場合

様々な要因で、Twitterから「ルールに違反している」と判断された場合、Twitterが違反ツイートを非表示にする場合があります。

その際、周りのユーザーからは「このツイートは表示できません」と見えることになります。

この表示は違反ツイートが削除されてから14日間続くとのこと。

「このツイートは表示できません」は嫌がらせなのか

見かける機会が増えた「このツイートは表示できません」というメッセージ。

記事冒頭でも少し触れましたが、一つ二つならまだしも、多く表示されていると「嫌がらせでは」と感じるユーザーもいるようです。

もちろん、必ずしも嫌がらせという訳ではありません。鍵垢でツイートやリプライを送るとこのような表示になることを知らないユーザーもいるでしょう。

ですが、受け取った側・見た側からすると「内容・送り主が分からない謎のメッセージ」な訳ですから、不安になるのも当然です。それが複数来ていたらなおさら。

筆者も実際に嫌がらせ・粘着行為としての「このツイートは表示できません」を見かけたことがあります。送り主を特定できない(=ブロック等で対処できない)訳ですから、なかなか厄介な手段であると言えます。

対策として、一度自分から

『「このツイートは表示できません」というリプライが多いのですが、もし鍵垢の方からのリプの場合は見えていないので連絡してほしい』

などと呼びかけてみて、悪意のある・嫌がらせ目的のものかどうか一度判別してみると良いかも。

もしかしたら単に鍵垢の方からの、悪意のないツイートかもしれないので。

とはいえ、嫌がらせ目的の場合根本的な解決にはなりません。嫌がらせと感じる方がいる以上、Twitter側も何か対策を講じてほしいものです。

嫌がらせ行為を報告する方法

嫌がらせ行為をTwitterに報告するページはこちら

お問い合わせ攻撃的な行為やセンシティブなコンテンツを報告したい嫌がらせや攻撃的な行為を報告したい

Twitter側がどこまで対応できるかは分かりませんが、あまりにも数が多すぎたり、不快な思いをしている場合は問い合わせ(報告)を。

「このツイートは表示できません」が邪魔だ、非表示にしたい、という場合

結論から言うと、このメッセージを非表示にする(消す)方法はありません

前述のように個別の方法を試す(他のアカウントから見てみる、ブロックしているユーザーを確認するなど)ことは出来ますが、根本的に消すことは出来ません。

まとめ

2019年2月頃より特に見かける機会が増えてきた「このツイートは表示できません」というメッセージ。

表示される原因として考えられるのは

  • 鍵垢のツイート(確率高め)
  • ツイ消し
  • ブロックされてる
  • ブロック/ミュートしてる
  • Twitterルールに違反してるツイート

となります。必ずしも嫌がらせとは限りませんが、そういった目的で悪用しているユーザーがいない訳ではないので注意しましょう。

酷い場合はTwitter社への問い合わせも検討して下さい。

Tara

正しい知識をシンプルに・スピーディーに・多くの人へ届けることを目的に「knowl」というWebサイトを運営している大学生です。