【Twitter】DMの「チェックマーク」の意味や色、付く条件とは?

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)機能を利用していて、メッセージに「チェックマーク」が付くことがあります。

このチェックマークは、一体どういう意味なのでしょうか。チェックマークが付く条件を、実際に検証してみました。

ざっくり解説
  • チェックマークが付いた=既読ではない
  • 既読はチェックマークの「色」で判別できる

Twitter:DMのチェックマークの意味とは

TwitterのDMのチェックマーク

チェックマークの意味として想像しやすいのが「既読」でしょう。ですが、実際にDMを送信してみると…。

送った瞬間にチェックマークがつく

メッセージを送った瞬間に、チェックマークが表示されました。送信相手のアカウント(筆者所有)はDM画面を開いていないため、まだ未読の状態です。

チェックマークの色が違う

しかしよく見ると、既読のメッセージのチェックマークには色がついていますが、未読のメッセージのチェックマークには色がついていません。

つまり、チェックマークが表示されること自体にそれほど意味はありませんが、チェックマークの状態(色)には意味がある、ということ。

チェックマークは「送信済み」の意味であり、既読かどうかは「チェックマークの色」で分かる。

フクロウ博士

チェックマークが付いたからといって「既読早っ!」となる必要はありません。

チェックマークの色が付くと既読

TwitterのDMの既読

チェックマークの色が付くと、相手がDMを読んだ(=既読)ということになります。

よく見ないと気づかないでしょう。TwitterのDMには、既読を知る方法や、そもそも既読を付けずにメッセージを読む方法も用意されているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

【Twitter】DMの既読が付かない・消える原因は?
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。