YouTubeの画面を横にできない不具合の対処法(スマホ版)

スマートフォンでYouTubeの動画を視聴する際、画面を横にする(動画を大きく表示する)方が多いかと思います。

その際に、画面を横表示にできない・横にするボタンが表示されないといった不具合が発生することがあるようです。

このページではYouTubeの画面を横にできない不具合に遭遇した際の対処法を紹介しています。

YouTubeで画面を横にできない不具合が発生

YouTubeで画面を横にする場合、右下のボタンをタップします。このボタンが不具合で表示されず、横画面に出来ない場合があります。

左画像のように切り替えボタンが表示されないことがあります。通常は右画像のように切り替えボタンが右下に表示されますよね。

筆者も実際に数回この不具合に遭遇しました。

画面を横にできない場合の対処法

1)YouTubeアプリ・スマートフォンを再起動する

この方法でほとんど解決します。YouTubeアプリを一度再起動してみましょう

アプリの再起動でほぼ解決するかと思いますが、効果がない場合はスマートフォンの再起動も合わせて一度お試しください。

2)端末を横画面に設定する

根本的な解決にはなりませんが、再起動する時間も惜しい際には端末ごと横画面に設定することも可能です。

iPhoneの場合はコントロールセンター(画面下から上にスワイプすると出てくるヤツ)から、Androidの場合は設定画面から(設定→画面の自動回転)変更可能。

3)そのまま利用する

こちらもなんとも言えない対処法ですが、そのまま動画を視聴→次の動画が再生される時に切り替えボタンが表示されることがあります。

ただ、いくら待っても表示されないこともあるので、やはり再起動などで対処することをおすすめします。

まとめ

再起動ですぐに戻る(ことが多い)とはいえ、面倒な不具合であることには変わりありません。

早めに修正して欲しいところ。

Tara

正しい知識をシンプルに・スピーディーに・多くの人へ届けることを目的に「knowl」というWebサイトを運営している大学生です。