YouTubeの#ハッシュタグ機能について解説:使い方・設定方法

Twitterなどではおなじみの「#ハッシュタグ」機能が、YouTubeでも利用できるようになったようです。

まだテスト中…なのかな?

このページではYouTubeのハッシュタグ機能について、現時点での情報を紹介しています。

YouTubeの#ハッシュタグ機能について

動画タイトルの上部分に「#ハッシュタグ」がついている動画が、YouTube上で見られるようになりました。

全ての動画に付いているわけではありません。

タグ部分をタップすると、同じハッシュタグが付いた動画を一覧で見ることができます。

イメージとしては、ニコニコ動画のタグ機能に近いのかもしれません。

ハッシュタグの付け方・使い方


ハッシュタグは「動画タイトル」「概要欄」に入力することができます。

注意しておきたいのは、ハッシュタグは15個以上設定できないということ。15個以上設定すると、全てのハッシュタグが無効になってしまいます。

また、概要欄にハッシュタグを入力した場合は、最初の(上から)3つ分がハッシュタグとして動画タイトルの上部分に表示されるようです。

投稿者しか設定できない

YouTubeのハッシュタグは、動画の投稿者しか設定(変更・編集・追加)出来ないようです。

ニコニコ動画などと異なり、視聴者側(ファン)が勝手につけることは出来ないので注意。

コメント欄でも入力可能

一方で視聴者は、コメント欄でハッシュタグ機能を使うことができます。上手に使えば、他の視聴者にとっても便利なはず。

例えば「この動画と似た動画は #◯◯◯◯ で見れるよ!」などとコメントすれば、他の視聴者が動画を見つけるのに役立つかも。

まとめ

まだハッシュタグ機能を使っている投稿者が少ないこともあり、ハッシュタグが付いている動画は少ない印象です。

動画投稿者の方はぜひ使ってみてください。オリジナルのハッシュタグを作るなど、工夫次第で視聴者にとってもより便利な機能になるはず。

YouTubeの公式ヘルプページでも紹介がありましたので、こちらも一度チェックを。

参考 動画検索でのハッシュタグの使用

Tara

ゲーム好き。Fortnite,DbD,Splatoon2など。

月間50万PVの「knowl」を作ったりして暮らしてる大学生です。