【インスタグラム】DMの吹き出しの色が青や紫に変わったとの報告が増加

インスタグラムのDM機能で、吹き出しの色が変わっています。この件について、現時点での情報を紹介します。

インスタグラム:DMの吹き出しの色が変わった

2020年1月下旬より「インスタグラムのDMの吹き出しの色が変わった」という報告が増えています。調べてみると、2019年12月頃よりインターネット上でこうした報告が上がっていました

参考 What’s up with the new direct message text bubble color?

追記:2020年2月中旬より、さらに報告が増加しています。

青や紫、灰色などに変わった

元のDMの吹き出しの色

元々、相手側の吹き出しは白背景、自分側の吹き出しは薄い灰色となっていました。

青や紫、灰色に変化

変化が報告されているのは「自分側の吹き出し」です。青や紫、濃い灰色に変わっています。ダークモード/ライトモードに関わらず色は変化しているようです。

現時点ではテスト中か

筆者が所有しているいくつかのインスタグラムアカウントでは、DMの吹き出しの色は変わっていませんでした。そのため、現時点ではテスト中(一部のユーザーにのみ適用)と思われます。

追記:2020年2月14日に再度確認したところ、DMの吹き出しの色が変化していました。青〜紫のグラデーションとなっており、画面をスクロールすることで吹き出しの色も変化します。

DMの吹き出しの色

今後正式な仕様変更となる可能性もありますが、ネット上では「自分のメインアカウントも変わって欲しい」「とても見辛い」など賛否両論です。

関連 インスタグラムでDMのメッセージ送信を取り消す方法

関連 インスタグラムのDMでスクショをするとバレるのか、パターン別に徹底検証

1+