LINE通話中に「ミュート」する方法|相手からバレるのか・見え方なども紹介

LINE通話中にミュート(=消音)状態にする方法を解説します。自分の音を相手側に伝えたくない・聞かれたくない場合に活用すると良いでしょう。

このページでは「ミュートにしているかどうか」が相手にバレるか、についても考察しています。合わせてご確認下さい。

LINE通話中にミュートにする方法

LINE通話には「ミュート」機能が備わっており、いつでも利用することができます。一時的に相手に音を聞かれたくない際や、グループ通話中に便利な機能です。

ボタンを押すだけでミュート完了

マイクボタンをタップする

ミュート状態にするには、通話画面に表示されているマイクボタンをタップするだけでOKです。

緑色になればOK

タップするとボタンが緑色になります。ボタンが緑色になっている間はミュート(相手に音が聞こえていない)状態となっています。

LINE外で通話画面を起動している場合

白になればOK画像はiPhone XS(iOS13)

LINEアプリ外で通話画面を起動している場合は、別のボタンをタップすることになります。iPhoneの場合は消音(マイクボタン)をタップすることでミュート状態に。

右画像のようにボタンが白背景になっていればOKです。

ミュートしているか相手にバレる?

LINE通話の場合、自分がミュートしていても相手の画面に変わりはありません。そのため、ミュートしてもバレないと言えないこともないでしょう。

ただ、ミュートすると「ザーザー音」「ちょっとした雑音」なども全て聞こえなくなり、相手側は「完全な無音」状態となります。

そのため、ミュートにすると「聞こえ方」でバレる可能性が高いと思われます。

ミュートは相手にバレるのか

実際に筆者もLINE通話中にミュート状態にしてみたところ、相手から「ミュートになってない?」との反応がすぐにありました。

通話環境にもよりますが「ミュートにするとバレる可能性は十分にある」と考えておきましょう。

関連 LINEの背景を黒(ダークモード)にする方法とできない場合の対処法

0