【LINE】オープンチャットでNGワードをオンにする・追加する設定方法

多くのLINEユーザーとコミュニケーションが取れる「オープンチャット」機能ですが、中にはマナーを守らないユーザーがいることも事実です。

対策として、トークルームを非公開に設定するほか、トークルーム毎に「NGワード」を設定することが有効です。

このページではオープンチャットでトークルーム毎に「NGワード」機能をオンにする方法と、NGワードを自分で追加する方法を紹介しています。

【注意】NGワードを設定できるのは管理人(管理権限を有するユーザー)のみです。

オープンチャットでNGワード機能を使う方法

オープンチャットを利用していると、マナーの悪いユーザーをしばしば見かけます。

  • 同じような文面を繰り返し投稿する
  • 個人情報が含まれる投稿をする

対策として、悪質なユーザーは管理人側で強制退会させることも出来ますが、そもそもこうした投稿をさせないように「NGワード機能」をオンにすることをおすすめします。

NGワード機能をオンにする

1. Bot画面を開く

Bot画面を開く

まずはメニューバー→Bot画面を開きます。Bot画面ではトークルーム運営に便利な機能を追加することができます。

2. スパムフィルターBotを追加する

スパムフィルターBotを追加する

NGワード機能は「スパムフィルターBot」を追加することでオンになります。

スパムフィルターBotはトークルームでこのように紹介される

Botをオンにすると、トークルームにこのようなメッセージが投稿されます。

3. フィルター設定をする

スパムフィルターBotをオンにするだけで、LINEであらかじめ決められているNGワードが投稿できなくなります。

LINEが決めたNGワード一覧は公開されていませんが。誹謗中傷などが含まれていると考えられます。

スパムフィルター設定のやり方

フィルター設定ではNGワードと完全に一致するメッセージのみを削除するか、NGワードを含むメッセージを削除するかを選択できます。

また、LINEが決めたNGワードとは別に、自分でNGワードを決めることも可能です。

4. NGワードを登録する

NGワードの登録方法

NGワードを登録ボタンからワードを登録できます。

登録できるのは「2~20文字」かつ「@や#、スペースを含まない」ワードです。

履歴タブからNGワードの投稿履歴を確認できる

ちなみに、フィルター設定の右側にある履歴タブから、NGワードを含むメッセージの投稿履歴が確認できます。トークルームの円滑な運営に役立てましょう。

また、決められた数以上NGワードを投稿したユーザーは、この画面から強制退会させることもできます。この数についても管理人側で変更可能です。初期設定は3となっています。

通常のユーザーはNGワードを追加できない

オープンチャットのNGワード機能は、そのトークルームの管理権限を持っているユーザーでないと設定できません。

NGワード機能について、気になることがあればトークルームの管理人に聞いてみると良いでしょう。


以上、LINEのオープンチャットでNGワード機能をオンにする方法でした。トークルームの内容に合わせて、NGワードをいくつか登録しておくと良いでしょう。

0
Tara

正しい知識をシンプルに・スピーディーに・多くの人へ届けることを目的に「knowl」というWebサイトを運営している大学生です。