【Twitter】画像がURL形式でしか表示されない時の対処法

Twitterで画像がURL形式でしか表示されない問題の解決策を紹介します。設定から元の表示に戻すことができます。

ただ、URL形式の表示にも実はメリットがあるので、設定をそのままにしておくのも一つの手です。

画像がURL形式になってしまい表示されない

画像がURL形式になって表示されない

Twitterで投稿された画像がURL(pic.twitter.com/◯◯◯)形式になってしまい、表示されない場合があります。

これは設定の「メディアのプレビュー」という項目がオフになっているためです。

関連 【Twitter】投稿が表示されない(文字が白になる)不具合が発生

対処法としては、メディアのプレビューをオンにする必要があります。

メディアのプレビューをオンにする方法

メディアのプレビューに関する設定手順は以下の通りです。

  1. 設定とプライバシーを開く
  2. 画面表示とサウンドを開く
  3. メディアのプレビューをオンにする

設定とプライバシーを開く

まずは左上のアイコン→設定とプライバシーへと進みます。

メディアのプレビューをオンにする

画面表示とサウンドメディアのプレビューをオンすれば設定完了です。

Androidでメディアのプレビューをオンにする

利用している端末やバージョンによっては「画面表示とサウンド」→「ディスプレイとサウンド」など、名称が一部異なる場合があります。

通信量の節約になる場合も

メディアのプレビューをオフにしておけば、ツイートをタップしない限り画像が表示されないため、通信量が節約できます

ただし「その画像が興味のあるものかどうか」が判断しにくいため、基本的にはメディアのプレビューはオンにしておくことをお勧めします。

関連 Twitterが重い時の対策に|キャッシュを削除して空き容量を増やす方法

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。