【Twitter】DMを解放しない(受け取らないよう制限する)設定方法

Twitterを利用していて、身に覚えのない迷惑メッセージ(DM)を受け取ったことがあるという方は意外と多いのではないでしょうか。最近は、怪しげなURLが含まれたメッセージが届くこともあります。

Twitterで乗っ取りDMが増加「ONLY FOR YOU」メッセージが届いた場合の対処法

こうした迷惑メッセージの対策としては、そもそもDMを解放しない(=受け取らない)設定にしておくことが有効です。この記事ではTwitterで知らないユーザーからDMを受け取らないようにする設定方法を解説します。

DMを受け取らない(他の人が送れないようにする)方法

DMが送れなくなる

フォロー外のユーザーからDMを受け取らないように設定すると、フォローボタンの横にメッセージボタンが表示されなくなります。

非公開アカウントにもDMを送ることができる

逆に言うと、鍵垢(非公開アカウント)にしても「すべてのユーザーからDMを受け取る」設定になっていると、フォロー外のユーザーからDMが届きます。

このページでは、TwitterでDMを受け取らない方法を端末(OS)ごとに紹介します。

フクロウ博士

リンクをタップすると説明箇所に移動します。お使いのバージョンのやり方を確認して下さい。

スマホアプリでDMを受け取らない設定方法

  1. 設定とプライバシーを開く
  2. ダイレクトメッセージの設定を開く
  3. すべてのアカウントからメッセージを受け取るをオフにする

1 設定とプライバシーを開く

設定とプライバシーを開く

まずは左上のアイコンから設定とプライバシーを開きます。

2 ダイレクトメッセージの設定を開く

プライバシーと安全からダイレクトメッセージ

プライバシーと安全 → ダイレクトメッセージ へと進みます。

3 メッセージリクエストを許可する のチェックを外す

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する という項目のチェックを外すと、フォローしていないアカウントからのメッセージリクエストが届かなくなります

ブラウザ版(PC)でDMを受け取らない設定方法

  1. もっと見る設定とプライバシーを開く
  2. プライバシーとセキュリティを開く
  3. すべてのユーザーからメッセージを受信するをオフにする

1 設定とプライバシーを開く

もっと見る

設定とプライバシー

もっと見る設定とプライバシーを開きます。

2 ダイレクトメッセージの設定を開く

プライバシーと安全からダイレクトメッセージへ

設定画面内のプライバシーと安全ダイレクトメッセージへと進みます。

3 メッセージリクエストを許可する のチェックを外す

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する のチェックを外したら、設定完了です。

クオリティフィルターをオンにしておこう

「迷惑なメッセージやスパムは受け取りたくないが、できるだけDMは解放しておきたい…」という場合は「クオリティフィルター」をオンにしておきましょう。

不適切な内容のメッセージをフィルタリングする

不適切な内容のメッセージをフィルタリングする をオンにしておけば「不適切なメッセージ」が非表示になるため、不快な思いをする確率を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。