【Twitter】「繰り返し停止しています」と表示されて開けない不具合について

Twitterアプリを利用していると、ごく稀に

「Twitter」が繰り返し停止しています
アプリ情報
アプリを閉じる
フィードバックを送信

といったエラーメッセージが表示され、Twitterアプリが起動できない不具合に遭遇することがあります。

こうした不具合が起こった際の対象法として、過去の事例等を紹介します。

「繰り返し停止しています」と表示される

2020年1月、Android版Twitterアプリを起動しようとすると「Twitterが繰り返し停止しています」と表示され、アプリを正常に起動できない不具合が発生しました。

筆者の環境(Android)では通常通り利用できたため、Androidの中でも特定のバージョンや環境で起こっている可能性が高いと思われます。

Twitterのトレンド

Twitterのトレンドにも

  • Android勢
  • Twitterアプリ
  • #繰り返し停止しています

などの関連ワードが入っています。

「繰り返し停止しています」不具合の対処法は?

ここでは不具合の対処法を、大きく分けて3つ紹介します。

  1. ストレージを削除する
  2. ブラウザ版から利用する
  3. 障害の状況を確認する

※大前提として不具合が発生している場合は、公式からの情報を第一に考える必要があります。

ストレージを削除する

端末の設定画面からアプリTwitterストレージストレージを消去することで、症状が改善することがあります。

ストレージの削除(消去)については以下の記事でやり方を詳しく解説しています。

関連 Twitterが重い時の対策に|キャッシュを削除して空き容量を増やす方法

※お使いの端末・バージョンによって設定画面の名称が若干異なります。

ブラウザ版から利用する

対処法の一つとして、アプリではなくブラウザ版を利用することが挙げられます。Chromeなどのブラウザでtwitter.comを開き、アカウントにログインしましょう。

URL twitter.com

ただ、ブラウザから開いても「ホーム画面」「TL(タイムライン)」は見れない、といった報告も見受けられます。

障害の状況を確認する

不具合・障害の状況を確認する方法をいくつか紹介します。

  1. Twitterで調べる(トレンドを確認する)
  2. ダウンディテクターをチェックする
  3. Twitterの公式アカウントをチェックする

1. Twitterで調べる

可能なら、Twitterで同様の不具合に遭遇しているユーザーがいないか調べてみましょう。

  • Twitter 開けない
  • Twitter できない

など、関連しそうなワードで調べてみて、同じような投稿が複数あれば障害が発生している可能性が極めて高いと言えます。

2. ダウンディテクターをチェックする

ダウンディテクターをチェックする

TwitterをはじめとしたWebサービスの不具合状況を確認できる「ダウンディテクター」というサービスをチェックしてみましょう。

フクロウ博士

グラフやマップ形式で不具合の発生状況を確認可能です。

3. Twitterの公式アカウントをチェックする

Twitterの公式アカウントが何かしらの情報を発信している可能性もあります。が、基本的には「大規模な不具合」のみで、小規模なものはあまり情報を発信していない印象です。

過去のTwitter不具合情報

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。