Twitterでスタンプの位置がズレる不具合(バグ)が発生中か

2019年10月現在、Twitterで画像にスタンプを添えて投稿しようとする際に、スタンプの位置がズレて表示される不具合が発生している模様です。

顔や個人情報が隠せない、といったことが起こるかもしれません。修正されるまでの間、いつも以上に注意しましょう。

Twitterのスタンプの位置がズレる

画像を投稿する際、顔や個人情報などを隠す目的でスタンプを利用する方も多いはず。ですが、現在自分が指定した位置とはズレた位置にスタンプが表示される不具合が起きているようです。

実際の位置よりも下にズレて表示される不具合を確認しています。

実際の位置より下に表示されてしまう

イメージとしてはこんな感じで、隠したいモノが隠せない、という現象が起こりかねません。

バージョン8.0(iOS)で発生か?

バージョンによってはスタンプがズレないことも

筆者も所有しているいくつかのTwitterアカウントで試したところ、前バージョンでは不具合が起こらなかったものの、最新版(iOS/バージョン8.0)ではスタンプがズレて表示されていました

このことから、記事作成時点で最新版であるバージョンで不具合が発生している可能性が高いと思われます。

スタンプがズレる場合の対処法

Twitterで画像を投稿する際、スタンプがズレてしまう場合の対処法をいくつか紹介して起きます。

次のアップデートを待つ

まだ最新版にアップデートしていない場合は、少し時間を置いて、次のバージョン(不具合を修正したバージョン)が配信されるまで待つのもアリ。

すでに最新版を利用している場合は、修正版が配信され次第アップデートするようにしましょう。

スタンプがズレていないか確認する

スタンプがズレていないか確認する

画像を投稿する前に、スタンプがズレていないかよく確認してから投稿するようにしましょう。スタンプは、実際の位置よりやや下に表示されます。

顔や個人情報をスタンプで隠して投稿する場合は、細心の注意を払うように。よほどの画像でない限りは、不具合が解決するまで投稿しないほうが良いかもしれません。

他のアプリで加工してから投稿する

不具合が発生している間は、少し手間がかかりますが「他の加工アプリで画像を加工してからTwitterに投稿する」というのも一つの手です。


一歩間違えたら大惨事になりかねない「スタンプがズレる」不具合。

こうした不具合が発生する可能性がある、ということを頭に入れ、画像を投稿する際は十分に注意するようにしましょう。

関連 Twitterで「画像付き」投稿ができない不具合が発生

0