Twitterが新機能「予約投稿」をテスト中——現在はウェブ版・一部ユーザーのみ

Twitterは新たに「予約投稿」機能をテストしています。現在は一部のユーザーを対象に、ウェブ版のみで利用することができます。

このページではTwitter(公式)から予約投稿を使う方法を解説します。ただ、テスト対象外のユーザーは使えない(そもそも機能が表示されない)ので注意しましょう。

Twitterで予約投稿機能が使えるように

予約投稿とは?
ツイートの投稿時間を自由に指定できる機能。文章だけ先に作っておいて、投稿は「明日の朝9時30分」に設定しておく、といった使い方ができます。

これまでTwitterで予約投稿をする場合は、Twitterの公式クライアント「Tweetdeck」を始めとした各種ツールを使う必要がありました。

そうした中、Twitterは予約投稿機能を新たにテストすることを発表。

現在は「ウェブ版」かつ「一部ユーザー」を対象にテストが実施されています。

予約投稿(ツイート)する手順まとめ

  1. 予約投稿ボタンを選択する
  2. 投稿時間を設定する
  3. 確認を選択する
  4. 予約設定を選択する

まずは自分がテストの対象となっているか確認する必要があります。ウェブ版のTwitterを開いてみて、予約投稿ボタンが表示されているか確認しましょう。

ボタンが表示されているか確認する
▲絵文字ボタンの右側に予約投稿ボタン(カレンダーと時計のアイコン)が表示されている

1. 予約投稿ボタンを選択する

予約投稿ボタンを選択する

ツイートする文章を入力し、予約投稿ボタンを選択します。

2. 投稿時間を設定する

投稿時間を設定する

投稿したい時間を設定します。日付(年/月/日)・時刻(時/分)を分単位で設定することができます。

過去の日時を設定することはできない

過去の日時は指定できない

過去の日時を設定しようとすると「過去の日時にツイートを予約することはできません。」というエラーメッセージが表示されます。

3. 確認を選択する

確認を選択する

投稿時間を設定したら、画面右上に表示されている確認を選択しましょう。

4. 予約設定を選択する

予約設定を選択する

ツイートボタンの代わりに表示されている予約設定を選択して、予約投稿は完了です。

予約中の投稿(ツイート)を確認する

予約中の投稿は以下の手順で確認することができます。

  1. 予約投稿ボタンを選択する
  2. 予約ツイートを選択する
  3. 予約中のツイートを確認する

1. 予約投稿ボタンを選択する

予約投稿ボタンを選択する

まずは予約投稿ボタンを選択します。

2. 予約ツイートを選択する

予約ツイートを選択する

左下に表示されている予約ツイートを選択します。

3. 予約中のツイートを確認する

予約中のツイートを確認する

現在予約中のツイートとその内容(投稿時間含む)を確認することができます。


現在は「テスト中」ということもあり、今後仕様が細かく変更されるかと思います。公式アプリ(スマホ版)でも利用できるようになると良いですね。

関連 【Twitter】トピックとは?便利な使い方とフォロー/解除する手順

0