【インスタグラム】消えるメッセージモードをオン・オフにする方法 勝手になるのはなぜ?

インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)には消えるメッセージ・画像・動画のやり取りができる「消えるメッセージモード」という機能があります。

この記事では消えるメッセージモードのオン・オフを切り替える方法を解説します。

消えるメッセージモードをオンにするには?

インスタグラムの「消えるメッセージモード」は、画面を閉じた時点で消えてしまうメッセージ(画像・動画含む)のやり取りができるモードです。DM画面から利用することができます。

画面を上にスワイプする

消えるメッセージモードをオンにする

手順は簡単で、DM画面を上に引っ張るだけ。画面の下に表示される円と文章(「リリースして消えるメッセージモードをオン」という部分)が青くなったら、指を離してOKです。

消えるメッセージモードをオフにするには?

消えるメッセージモードをオフにする

オフにするには、画面上の消えるメッセージモードをオフにするをタップするか…

画面を上にスワイプして消えるメッセージモードをオフにする

もう一度画面を上に引っ張るだけです。

なお「消えるメッセージモード」そのものをオフにする機能は現時点で確認できませんでした。

消えるメッセージモードが勝手にオン・オフになるのはなぜ?

消えるメッセージモードは自分だけに適用されるものではなく、相手にも同時に適用されるものです。

フクロウ博士

電気のスイッチが一つしかない部屋、みたいなイメージです。

自分が消えるメッセージモードをオンにしていなくても、相手が消えるメッセージモードをオンにすれば自分の画面でもオンになりますし、その逆も言えます。

勝手に消えるメッセージモードがオン・オフになった場合は、相手側が設定を変更した可能性があります。

DM画面を開く前に消えるメッセージモードがオンになっているか確認するには?

消えるメッセージモード適用中か確認する

消えるメッセージモードが適用されているメッセージルーム(スレッド)は、DM一覧画面のカメラアイコンの横に円形のアイコン(画像の赤枠部分)が表示されます。

注意
記事執筆時点で、インスタグラムの公式ヘルプページには「この機能は、日本とヨーロッパ諸国ではご利用いただけない場合があります。」という記載がありました。

機能が実装されてから時間が経っていますが、地域によっては機能自体が利用できない可能性があるようです。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。