YouTubeの「10秒送り・戻し(スキップ)」のやり方 時間を変える設定も

YouTubeで動画を視聴していて「ちょっと飛ばしたいな」と思った時に便利なのが「10秒送り・戻し(スキップ)機能」です。

この記事では10秒送り・戻し機能の使い方と、スキップ時間を変更する設定方法について解説しています。

YouTubeで10秒送り(スキップ)をする方法

YouTubeで動画を再生していて、動画を少しスキップしたい・戻したい場合は「10秒送り・戻し」機能が便利です。再生バーを動かすよりも直感的に操作することができます。

スマホ(公式アプリ)のやり方

スマホで10秒スキップ

スマホ(公式アプリ)を利用している場合は、動画の再生画面で「画面の右側」ダブルタップすると10秒スキップされます。

スマホで10秒戻す

逆に「画面の左側」ダブルタップすると、動画が10秒戻ります。

スマホで30秒戻す

ダブルタップ(2回タップ)だと10秒ですが、3回タップで20秒・4回タップで30秒戻ります。

PC(ブラウザ)版の場合

PCでスキップ

PC(ブラウザ)版の場合は、キーボードのボタンを押すことで動画が進む/戻ります。進む・戻る時間はデフォルトでは10秒ですが、スマホアプリ版の場合は設定から変更することができます。

10秒送り・戻しの時間を変える設定方法

10秒送り・戻しの「10秒」の部分は、設定から変更することが可能です。自分の利用スタイルに合わせて、何秒スキップする(戻す)か設定しましょう。

1 設定を開く

設定を開く

まずは画面右上のプロフィールアイコンから、設定を開きます。

全般からスキップ送り・戻し設定を開く

設定内の全般からスキップ送り/戻しという項目を選択しましょう。

スキップ時間を変更する

スキップする時間を変更することができます。デフォルトでは10秒ですが、YouTubeでは

  • 5秒
  • 10秒
  • 15秒
  • 20秒
  • 30秒
  • 60秒

の6つから選択できます。秒単位で細かく指定することはできないので注意が必要です。

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。