【Twitter】「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示できません」が増加中、意味は?

Twitterで「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示できません」と表示され、画像が見られない現象が増加しています。

この問題について、現時点の情報をまとめました。

関連 Twitterで「画像付き」投稿ができない不具合が発生

「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示できません」と表示される

2020年2月より、Twitterの投稿に「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示できません」というメッセージが表示され、画像が見られない現象が増えています。


非表示にされる画像は決して不適切なものという訳ではなく、疑問を感じる方も多いようです。

設定が勝手にオンになる(逆になる)不具合か

現在Android版ユーザーより

  • センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する
  • ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する

のオン/オフが逆になる不具合が発生しているとの報告がいくつか上がっています。

自分の投稿した画像が「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示できません」と表示されて見られない場合は

プライバシーとセキュリティから設定をチェックする

設定とプライバシープライバシーとセキュリティツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定するを確認してみて下さい。

また、Twitterアプリを更新すると解決するとの声もあるので、アプリの再起動やアップデートなど一般的な対処法を試してみる価値は十分あると考えられます。

ツイートをタップする(開く)と画像が表示される

画像が含まれている(このメディアは表示しないように〜と表示される)ツイートを開くと、設定のオン/オフが通常通りとなり、画像が表示される現象が確認されています。

そのため「オンオフを切り替える」というよりも「ツイートをタップすることで画像を見る」ことが対処法と言えるかも。

自分が「表示しないように設定」した訳ではない

iOS(アプリ)版の場合は「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」という項目がそもそも存在しないため、オン/オフが入れ替わることはありません。

が、他のAndroidユーザーにそのような現象が起きているため「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示できません」表示が増えています。

「表示しないように設定した〜」という文脈は、自分が何か設定したような意味にも捉えられますが、今回の問題は相手の設定が入れ替わっていることが要因となっています。ただ、念のため自分の設定も確認しておくと良いでしょう。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。